Note

ノート

TOKYO LOCAL

    
■物件概要:
S様邸 ランドスケープ工事
■期間(時期):
進行中
■所在地:
杉並区阿佐谷北五丁目
都心の閑静な住宅街でありながら、自然を豊かに感じる杉並区阿佐ヶ谷。

この土地で、新築を含む3棟のアパートメントと、ランドスケープ再構築による「TOKYO LOCAL」プロジェクトが進行中です。

 

 

東京という忙しい街は、アパートメントを考えるにしても金融商品的な利回りが優先され、
なるべく多くの戸数を求められるため、結局はゆとりのない窮屈な住空間となってしまいます。

ゆとりある住居スペースの確保や、周辺環境の緑化は、生活者の QOL(クオリティオブライフ /生活の質)の向上につながります。
近年はコロナ禍で暮らしを考え直す機会が増えたことにより、東京を離れ、地方に移住する人も多くなりました。

今や、東京一極集中の時代は終わりを迎えようとしています。
そしてそんな今だからこそ、シンクタウンは「東京のローカル化」によって、暮らしの豊かさを追求していきたいと考えています。

シンクタウンが阿佐ヶ谷の土地に出会ったのは2019年のこと。
「よりよい形で土地を後世に残したい」というオーナー様のご要望からプロジェクトが始まりました。

3棟のアパートメントが中庭を囲む、緑豊かな土地。
当初は1棟を手放される案もありましたが、この豊かな土地を細分化していくのは最善策ではないと考えました。

オーナー様ご家族にとっての幸せは何か。

街の景観と家の関係性を考え続けてきたシンクタウンだからこそできることは何か。

この場所で「人が人らしく」あれる暮らしとは何か。

この自問自答の末に、「TOKYO LOCAL」のビジョンが花開きました。

 

 

西側アパートメントは1LDKの間取りで4世帯が暮らすゆとりある住居とし、
庭全体のランドスケープも、既存の池などはそのままに、より美しい形へと再構築。
将来的には、現在13世帯が暮らす東側の2棟も建て替え、シェアキッチンなどを有するオープンな空間とするビジョンも抱いています。
建物間は広々としたウッドデッキでつなぎ、いつでも豊かな中庭をながめることのできる情緒あふれる場に。
水辺や四季折々に花や実をつける木々や草花は、日々の暮らしに安心感を与え、精神的な豊かさを育みます。

 

 

現在は第一弾計画として、西側アパートメントの新築工事とランドスケープ再構築が進行中。
12月の竣工を目指し、まもなく入居者募集を開始します。
安直に利益を優先した物件ではなく、東京という街の中でも自然の恩恵を享受できる住環境は、時間と資金に無理がなく、長く住み続けることができます。
そして、より良い建物や景観をつくることは、地域との温かな関係性をつなぐことでもあります。

シンクタウンは「街の資産をつくる」気概をもって、持続可能な地域循環型の街づくりに取り組んでいきます。

TOKYO LOCALの今後の展開に、ぜひご期待ください。