Concept

想い

Philosophy


この3つを基本に建築を考えます。


Long Life Design

ロングライフデザイン

消費されず、
人から人へ受け継がれていくものに
価値が置かれている時代。

新しく作るもの・今ある住宅を活用して快適に暮らせる居住空間を実現するには
良き感性を持った考える人、そしてカタチに具現化していく職人の高い技量が
求められます。素材の質を見極め、調和のある手仕事でつくられた家は、
その正しい質の良さが使う事によって美しさを増し、
人に親しみと愛着という心を生みます。

家とは人を守り、あたたかく包み込みながら時間を重ねていくもの。
また住む人の思い出や気持ちがこもった大切な存在に家はなっていく。
そうして家は住み手により大切にされ、次世代へと住みつながれ、
世代を越え社会の大事な資産となります。

毎日の暮らしが豊かになるような提案力の高いプランニングと
長期的な視野で考えた設計。
また、素材感が感じられる調和された空間は良い余白のある良質な建築となります。
私たちは、凛とした美しさと丈夫さ、そして品があること、
それが良い家の条件だと考えています。

エネルギー消費を抑え、日本の資源を有効に活用し、
安心できて価格が明確な分かりやすい仕組みづくりを行い、
長期優良住宅・HEAT20G1相当の断熱性能を基本に、「Lifestyle Keyword」を考え、
反映させていき将来へと受け継がれる建築を行い社会資産に寄与します。

庭の写真
スズメのイラスト
Living with Nature

自然体で暮らす

自然は人々にたくさんの物を
与えてくれます。

その成り立ちの造形美からは美しさや哲学的なこと、
そして、自然観をここ日本では四季を通じ
多く感じ学ぶことが出来、
心の中にある大切な何かを見出して人は成長を重ねます。
どんな人でも自然の一部であり、
普遍的な生活はどんな人にも共通しているとてもあたりまえで変わらないことです。
日本と北欧の共通した自然観は、
禅にも通じる人間らしいシンプルな生き方です。

人は調和や審美眼を通じ、暮らしのイメージを重ね、
居心地の良さを感覚的に見抜きます。
素材調和と自然との親和性があり有機的な家であること、
そういった要素が基本にある中で、家族がお互いに良い距離感の中、
心地よく過ごせること。
お母さんが笑顔でいてくれて家族みんながストレスのない生活を
楽しく過ごせるプランニングを提案しています。

室内の写真
木の実のイラスト
Good Neighbors

環境や景観をデザインする

街は社会性のある普遍的なデザインを
考えることで持続可能な社会が見えてきます。

人と人が切り離されるのではなく、ランドスケープデザインを通して適度な距離間を保ち、
お互いの尊重の中、人と人とをつなぐ緑とともにゆるくつながりながら
支え合って生きていく。
建物も大小関係なくドローイング(素描)から価値を見出し、
ディテールを高める作業を繰り返し、彫刻のように素材から本来の姿を
削り出すような作業と同様に、
普遍性への追及には感覚と感性(センス)が求められます。
センスとは普遍性そのものであり、心を豊かにするものとなり、
人が人らしくあるために大切なものへとつながっていきます。
街も建物も社会も次世代に良い環境を残していくこと。
今は社会全体で取り組んでいくことが必要な時代です。
人・不動産・デザイン・設計・建築、すべてを通して社会や
コミュニティをリデザインしていく。

日本という風土が生んだ木造建築という文化が情景ある街並みをつくっているということ。「人が人らしく」生きていけるように、次世代へと続く社会の資産価値向上を考え、
失われた時間を取り戻すこと。
新しい世代が担う日本の未来を明るいものとなるように願い、
建築、不動産そして街を私たちはこれからも考えていきます。

そして新しい分譲住宅のかたちを考えると、相続や様々な理由により売却された宅地を
ただ細切れに分割して利益を追従する分譲会社の手法を続けていれば
街並みの景観は劣化し、住民通しのつながりも良いものになりません。
ThinkTownでできることは性能の良い有機的な住宅をランドスケープデザインと
折り合うようまとめ上げ、街並みの景観を心が通い合うような良い環境へと変え、
暮らしの質の向上を図ります。
心の余裕のある計画は次世代へと良いかたちで引き継がれていきます。
また境界線のない(井戸やガーデンキッチンのある)中庭や
コモンスペースがある計画は、住民通しが適度な距離間の中、ゆるくつながることで、
有事の際の助け合いや災害にも強いつながりも生まれます。
持続可能でエネルギー消費の少ない計画を目指し、
蓄電池の設置・蓄熱システムの設置を高気密高断熱・パッシブデザインの家が、
CO2の削減と共に、生活者へのメリットとして暮らしの快適さも享受できるようになります。

新しい街並みのかたちをつくっていきます。

室内の写真
メガネのイラスト

Lifestyle Keyword