Flow

家づくりの流れ

Workflow


計画からお引渡しまでの流れ

シンクタウンで住宅を購入される際のステップをご紹介いたします。
土地のこと、規模のこと、予算の事など分からないことは何でもお尋ねください。
周辺住宅の事も踏まえて一人ひとりに合わせたプランをご提案いたします。
また、家作りを成功させるためには全体像をつかみポイントごとに何をするべきかを考え漏れのないようにすることが大切です。
お客様に決断していただくことが多いのは「ヒアリング」から「工事着工」まで。
納得のいく家を手に入れるには、しっかりと流れとポイントをつかむことが大切です。

STEP 1

企画・設計


  1. 現地調査・ご要望のヒアリング
  2. 提案プランのご説明
  3. お見積・実行計画書の作成
  4. 申込(建築業務委託契約)
  5. 詳細打合せ
  6. 承認図の提出・最終お見積
  7. 工事請負契約の締結
  8. 確認申請
ご依頼のとき
ご希望をお聞かせください

まず、お会いしてお話を伺います。
土地を決めかねている際も土地を下見をして、メリット・デメリット等をアドバイスすることが可能です。計画からお引渡しまでの流れをひと通りご説明差し上げた後、設計のための直接的なヒアリングを行います。
各人のライフスタイルや家に対する希望や夢などをお伺いいたします。 また、ここで予算もお伺い致します。

お打ち合わせのとき
平面図を使ってご説明します

お聞きした内容を元に、プレゼンテーションを行わせていただきます。
基本的に平面図を使用してのご説明となります。このプレゼンテーションでシンクタウンに依頼する意志が決まりましたら、その旨をお伝えください。次のステップで細かな打ち合せを数回行います。ある程度意向をまとめて望まれるのがスムーズです。

お見積・契約のとき
御見積を取り予算に近づけます

最終決定した実施設計図面をもとに見積を行います。1回の見積で予算内に収まることは少ないです。メインとなる部分はなるべく生かし、それ以外の部分はコストを抑えて、予定予算に近づけていきます。予算内に収まれば、初めて工事請負契約を結びます。

STEP 2

工事・管理


  1. 地鎮祭・着工
  2. 上棟
  3. 施工状況のご確認
  4. 中間検査
  5. 完了検査
  6. 施主検査・内覧会
建築中のとき
約4.5 〜 6ヶ月の期間

工事請負契約が済み、確認済証も交付されると地鎮祭、上棟へと進みます。お客様とは定期的にお打ち合わせを行い、変更・追加工事等が発生すればその都度コスト面も管理していきます。どんどん形になるので楽しい時期です。小さなことでも担当と連絡を密に取ることで理想のお住まいに近づきます。 

検査・引き渡しのとき
ご入居前の確認があります

工事が進み、完成が近づけばお客様と一緒に内部を検査いたします。
また、この時期に検査機関での完了検査も行われます。(検査に合格すると「確認済証」が発行されます。)検査後の手直し工事が終了しますと、お引渡しとなります。

STEP 3

アフターサービス


  1. お引越し
  2. アフターサービス
アフターケア
愛着ある家にするために

簡単なメンテナンス方法や使用上の注意などを引渡しの際にお伝えいたしますが、わからないことや不具合等あれば、お気軽にお申し付けください。
長くお住まいになられるために、メンテナンスは欠かせません。 また、お引渡し後に表示登記や所有権保存登記を担当の方に行っていただきます。

※3階建てやフラット35の場合、確認検査機関の中間検査が必須です。