Blog&Media

ブログ&メディア

UPDATE
2017.06.12

Blog

ダイニングテーブル

ご縁があって、オフィスにあったunknownのダイニングテーブルをしばらく我が家で使わせていただいていました。

私の大好きな素材のチェリーで天板はオーバル、丸脚テーパーです。

21017年7月1日より、弊社の体感型モデルハウス(+ワークショップ)がオープンしますので、そちらで使います。是非ご覧ください。

モデルハウスは造作家具、建具、左官、アクセサリー、植栽などにもこだわっています。

 

詳細が決まりましたらホームページでお知らせいたしますので、今しばらくお待ち下さい。

 

UPDATE
2017.05.31

Blog

コンセプトブックができました。

 

弊社のコンセプトブックができました。

私たちの想いがつまっています→コンセプトブック

平岡瞳さんの版画絵とともにご覧くださいませ。

 

冊子にもなっていますので「contact」の資料請求よりお問い合わせください。

郵送いたします。

UPDATE
2017.02.03

Blog

新しいカタログができました。

カタログ「人が人らしく暮らすということ」はシンクタウンのコンセプトや3つのプラン・スペックをご紹介し、「私と家族の暮らす家」は永く住み継がれる家・間取りのご提案です。

ご希望の方は、contactよりお問い合わせくださいませ。

お待ちしております。

 

 

カタログ

カタログ「私と家族が暮らす家」(左)、「人が人らしく暮らす家」(右)

UPDATE
2017.01.18

Blog

無垢材のテーブルと椅子のオイルメンテナンス

シンクタウン事務所のテーブルと椅子のオイルメンテナンスをしました。

永くお使いいただくために無垢材の家具のオイルメンテナンスは、年に1、2回が理想です。が、…時は過ぎてしまいます。

私の基準は、テーブルの天板を手で触り「つるっ」としていないなと思った時が、そろそろメンテナンスのタイミングとしています。

 

手順を簡単にご説明します。

 

用意するものは、

・オイル(ドイツのアウロ社のオイルを使用しています)

・スポンジ(家庭用の食器洗い用の柔らかいスポンジ)

・ウエス(使い古した布など)

 

 

oil-maintenance_1

1. ツヤ感が薄れているメンテナンス前。まずは、ウエスを使って乾拭きでホコリを拭き取ります。(冷暖房は切っておくとよいでしょう)

 

 

oil-maintenance_2

2. 木目に沿って、スポンジでオイルを薄くのばしながら、塗り残しがないよう素早く塗っていきます。後で拭き取るので、塗りムラはあまり気にせずに。

 

oil-maintenance_5

テーブルの下の端は指が触れる場所です。こちらもオイルメンテナンスをしておくと気持ちがいいと思います。

 

 

oil-maintenance_3

3.  オイルを塗った後すぐに、ウエスでしっかりオイルを拭き取ります。ポイントはベタつきが残らないように、しっかりと拭きましょう。

 

 

oil-maintenance_4

4. 完成 ツヤがでました。

 

 

 

oil-maintenance_6

5. 使用済みのスポンジとウエスはそのまま放置しておきますと、発火する恐れがあります。必ず水に浸けておき、濡れたまま燃えるゴミ箱へ捨ててください。

 

 

拭くだけの簡単な作業ですが、所要時間は、50分。テーブル3台、椅子6脚なので、少々時間がかかりましたが、気分はスッキリ。

ますます愛着が湧いてきます。

 

深いキズなど、メンテナンス方法や何か分からないことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

ご説明いたします。

UPDATE
2017.01.03

Blog

新年のごあいさつ

あけましておめでとうございます。

昨年は色々な事がありましたね。

皆さんにとってはどんな一年でしたでしょうか。

・・・・・・・・・・・・

今年は楽しみにしている仕事がいくつかあります。

・『武蔵境の家 竣工』

弊社の大切にしてきたことを形にした現場です。竣工時に見学会を予定しております。

img_1901

・『水炊き 鼓次郎』

久我山にある人気店『器楽亭』の鼓太郎さんが新しい試みを芝浦で始めます。

img_2466

・『宿町287番地』

人と地域とを食で結ぶ場所、新しいコミュニティデザインの(東京の空き家問題の)ケーススタディになればなと思っています。

...

他にもリノベーションの現場がどんなふうに出来上がっていくのか、非常に楽しみです。

まずはひとつひとつ、確りと取り組んで参りたいと思います。

・・・・・・・・・・・・

そして今年は特に既存住宅の耐震性と断熱性の性能向上をベースにした『一軒家リノベーション』の普及に努めていきたいとも考えています。

昨年、鹿児島と熊本に建築の視察に行った際、被災地も視察してきたのですが、やはり現状はとても厳しいものでした。

ただ、頼りにされていたのはハウスメーカーではなく地域に寄り添う確りとした工務店の姿でした。

東京でも既存住宅の性能向上をきちんと施工できる会社は少ないですが、リノベーションをするのに金融機関からの融資や売却をするのにも環境が整いつつあります。今お住いのご自宅や所有されている空き家等、お客様の安心につながるように耐震改修・断熱改修の事例等、皆様に見ていただきながらご説明していきたいと思います。

img_1406

img_1419

・・・・・・・・・・・・

img_2457

猫や犬と楽しく暮らせる家も考えていきます。

・・・・・・・・・・・・

今年もみなさんにとって、たくさんの幸せが訪れることを祈っております。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。