Blog&Media

ブログ&メディア

UPDATE
2017.01.18

Blog

無垢材のテーブルと椅子のオイルメンテナンス

シンクタウン事務所のテーブルと椅子のオイルメンテナンスをしました。

永くお使いいただくために無垢材の家具のオイルメンテナンスは、年に1、2回が理想です。が、…時は過ぎてしまいます。

私の基準は、テーブルの天板を手で触り「つるっ」としていないなと思った時が、そろそろメンテナンスのタイミングとしています。

 

手順を簡単にご説明します。

 

用意するものは、

・オイル(ドイツのアウロ社のオイルを使用しています)

・スポンジ(家庭用の食器洗い用の柔らかいスポンジ)

・ウエス(使い古した布など)

 

 

oil-maintenance_1

1. ツヤ感が薄れているメンテナンス前。まずは、ウエスを使って乾拭きでホコリを拭き取ります。(冷暖房は切っておくとよいでしょう)

 

 

oil-maintenance_2

2. 木目に沿って、スポンジでオイルを薄くのばしながら、塗り残しがないよう素早く塗っていきます。後で拭き取るので、塗りムラはあまり気にせずに。

 

oil-maintenance_5

テーブルの下の端は指が触れる場所です。こちらもオイルメンテナンスをしておくと気持ちがいいと思います。

 

 

oil-maintenance_3

3.  オイルを塗った後すぐに、ウエスでしっかりオイルを拭き取ります。ポイントはベタつきが残らないように、しっかりと拭きましょう。

 

 

oil-maintenance_4

4. 完成 ツヤがでました。

 

 

 

oil-maintenance_6

5. 使用済みのスポンジとウエスはそのまま放置しておきますと、発火する恐れがあります。必ず水に浸けておき、濡れたまま燃えるゴミ箱へ捨ててください。

 

 

拭くだけの簡単な作業ですが、所要時間は、50分。テーブル3台、椅子6脚なので、少々時間がかかりましたが、気分はスッキリ。

ますます愛着が湧いてきます。

 

深いキズなど、メンテナンス方法や何か分からないことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

ご説明いたします。